視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

さわやかな秋晴れの松江です。おはようございます(昼ですが)。今日は仕事がお休みの日なのですがいつもどおりに起きて、『純情きらり』を見て心を痛め、そうして化粧などしてから朝いちで、書店に出かけてめざしたのは文春文庫の棚。そうなんです、鬼平殿に会いたくて。茜さんのおそろしい予言は当たりそうです。しかしながら、たいへん残念なことに、欲しい巻がありませんでした。五巻以降が欲しかったのですが、ぽつねんと(三)があってあとは(十)(十一)(十二)のような巻ばかり。落胆です。ああ。まぁ、しょうがないですね、こういうときは、何か別のものをと、宮部みゆきさんの新刊本やら、足つぼの先生がおもしろいよと言っていた『ベロニカは死ぬことにした』やら、おばあちゃんが読みたがっていた『がばいばあちゃん』やらを選びました。それとともに須賀敦子さんのエッセイも2冊ばかり。秋になったなぁと思うと急に須賀敦子さんの文章が読みたくなったのです。イタリアのことはよくわかりませんが文体がとても好きなので。そうやって店内をぶらぶらして(2時間も!)、旅行の雑誌を見ていたらどこかへ行きたくなりました。今年の秋はどこか紅葉の美しいところへ行ってみたい。

コメント

浜田さんは本屋好きですね。僕も会社が休みの土日は本屋のハシゴをします。なんか本屋はなごみます。純情きらりは実家がある岡崎の話なので、土曜の朝は見ます。方言(三河弁)を懐かしみながら。あおいちゃんもかわいいし。
ひろ
(2006-09-08 19:01)
東北!
べんちゃん
(2006-09-08 19:17)
マリコさん、やっぱり・・・

でもって、私も
近所の本屋に次の巻が置いてなくて
続きを読みたいもどかしさで狂いそうになったことがある・・・
「文春文庫の鬼平は読みたい巻に限って本屋にない」は
鬼平ファンのマーフィーの法則ってことにしてはどうスかね?

あ、がばいばあちゃんは
いいですよ!
私は仕事関係の偉い人に
「これを読みたまえ、いいはなしだから」と
無理やり命じられて
しぶしぶ読み出したのですが、
不覚にも途中で涙しました。
そして
偉い人にうそ偽りなく「とってもいい話でした、有難うございました!」と言えたんですの。えへ
(2006-09-08 19:44)
やっぱり近場だと、紅葉→大山でしょうか。でもせっかく行かれるなら、もっと違う場所がいいのかもしれませんね☆
じょにー
(2006-09-09 03:51)
やっぱり近場だと、紅葉→大山でしょうか。でもせっかく行かれるなら、もっと違う場所がいいのかもしれませんね☆
じょにー
(2006-09-09 03:52)
やっぱり近場だと、紅葉→大山でしょうか。でもせっかく行かれるなら、もっと違う場所がいいのかもしれませんね☆
じょにー
(2006-09-09 03:52)
何度もクリックしてしまってごめんなさい。。。
じょにー
(2006-09-09 03:54)
私も鬼平ファンです。どんどん読み進んでいくと、あもう残りがないのね・・・という寂しい気持ちになってしまい、最終巻をよむのは我慢して途中でやめています。

ずっとはまっていたら、口調まで池波先生の文章チックになってしまっていうことないですか。私はありました、ちょっとはずかしかった・・・。
パープル
(2006-09-09 22:08)
「瞠目した」とか使いたいです。>パープルさん。
奈良も紅葉の名所多いんですよ。月の名所も。秋には恒例の正倉院展も開催されます。と宣伝しつつ、わたしは何もない真冬の奈良が好きだったり。
浜田さん、ご体調に気をつけて横浜楽しんでらしてください。関西でのご公演、のんびりお待ちしています。
かねちょも
(2006-09-10 23:48)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。