視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
場所とか、旅とか、風とか、[ハマダマリコ的こころ]

朝はゆっくり起きて(またハルカさんを見逃しました)、朝食をとって、顔を洗ってていねいに化粧をして、部屋を片づけて掃除機をかけたらお昼が近くなりました。その間、マリリン・モンローとエンヤと梶芽衣子のCDを聴いたけど、みねっちはまだ起きてきません。遅くまで起きていたのでしょうか。若いと続けてたくさん眠れるからいいですね。暇なのでフィリパ・ジョルダーノを聴きながらパソコンに向かうことにしました。

すてきな本を読みました。『はなうた日和』(by山本幸久)と『此処彼処(ここかしこ)』(by川上弘美)です。連作の、短編集とエッセイ集という違いはあるものの、偶然2冊とも「場所」がテーマになっていたので、おもしろく読みました。いえ、偶然ではないかもしれません。最近、将来は股旅になってやろう、と思いついているところなので、どこか行ったことのない地名や場所が出てくると心臓がぱくぱくするのです。そういうわけで、無意識にこういう本を選んでしまったのかもしれないのです。

『はなうた日和』は世田谷線の沿線に住む人々のちいさな日常の物語集で、どのお話にもさりげなくうたが出てきます。それと世田谷もなかというお菓子が何度も出てくるのですが、それってほんとにあるのですか。おいしそう。

『此処彼処』は川上弘美さんが週に一度のペースで一年間新聞に、思い出の場所について書き続けられたエッセイ集です。地名がたくさん出てきて「股旅ごころ」をくすぐるうえに、「出雲」と題されたエッセイもあったので、うれしくなってつい抱きしめてしまいました。

股旅になるといっても、旅の下手なわたしです。よい股旅にはなれないだろうなぁ。乗り物にはほぼすべて酔うし、体力はないし、病弱だし、方向おんちだし、荷物が多くてかばんがしまらないし、眠れないし、変わったものは食べられないし、なにより面倒くさがりやだし。書いていてへこんできました。あはは。旅人として必要な条件をなにも持ってないのね。とほほ(涙)。でも、熱いこころはあるのです!というわけでもないのです、残念ながら。ただ、風のようにぷらぷらと吹かれてみたいだけ。行ってみたいだけ。木枯らし紋次郎とか、スナフキンみたいにね(え?寅さん?ははは。)。

番組の途中ですが、みねっちが起きてきたので、それでは、お昼ごはんを食べることにします。では、股。

コメント

『風のハルカ』
きのうも今日も見ました(笑)
(2006-01-21 15:22)
『風のハルカ』
BSでまとめて見ました(暇人です)
けんさん
(2006-01-21 16:28)
子供の頃に遊んだ神社の境内や街の路地をたまに訪れて、今の視線で見るととても狭く感じ、愕然とすることがあります。
家から歩いて10分ほどの、それらの神社や街々の路地たちは、子供の頃はとても遠く遠く感じたものでした。
そう思うと、あの頃は毎日が小さな旅だったのかもしれません。
きっと、誰にでも似たような記憶があると思います。

だから、『スタンド・バイ・ミー』を見ると泣けてくるんでしょうねぇ(笑)・・・
NON
(2006-01-21 18:15)
10年振りくらいに風邪でダウン。おかげで本が読めるわいと布団の中に持って入ったのが「此処彼処」。新聞の連載していた時も読んでいたけど、本になってもやっぱり買ってしまうのです。私は「名古屋」と
「日進町」に反応?しました。地元だから。マリコさんの股旅心よーくわかる!私も同感。いまだ飛行機も乗ったことないのに・・・。うんと遠くにも行ってみたいけど、すぐ近くなのにこんな路地があったのかぁ・・・っていう小さな発見の旅もまたおつで好きだなぁ。
いぬの旗
(2006-01-21 20:10)
つづき・・・。場所とか、旅とか、風とか、もひとつ、
「もの」とかについて。今読んでいるエッセイ、堀江敏幸の「もののはずみ」がなかなか面白いです。「もの」じたいが持っている心、「物心」についてのエッセイ。著者の撮った写真もいい感じ、もし機会があれば手にとって見てください。 本の話ししだすと止まらなくなるので今日はこの辺で。さて、布団に入って続き読もうっと。マリコさんもくれぐれも風邪には気をつけてくださいませね。
いぬの旗
(2006-01-21 20:24)
ご無沙汰です。

「股旅」「読書」がらみで、ちょいお邪魔。

私が30年近いファンのアーシュラ・K=ル・グインの新刊、
邦題「なつかしく謎めいて」・・・
内容は15の架空の「次元」への旅の記録。

一人称の作者が行ったところもあれば
伝聞推定や他人のレポートによるものもある。

要は、竜と魔法使いのいるゲドの「アースシー」、
両性具有のゲセン人のいた惑星「冬」(闇の左手)、
ロカノンたちの「ハイニッシュ・ユニヴァース」
・・・こういう架空世界が、短い文章で新たに
15も描かれているんですわ。
「渡りをする人」がいる次元、夢を共有してしまう次元、
「千人に1人、翼が生えてきてしまう人」のいる次元・・・。

混乱するので1日に2つまで、ゆっくり読んでいたけど
ついに読了してしまいました。

著者本人が、空港で待たされる無聊にインスパイア
されたらしいル・グイン74歳の才気煥発。

「ゲド戦記」がスタジオ・ジブリで映画化されるまで
とりあえず生きていてほしいですわ。
まる む
(2006-01-21 20:46)
近所に住んでますが、「世田谷もなか」はきいた事は
ないです。
「太子最中」や「松陰まんじゅう」はきいたことがあるのですが...
とうりょう
(2006-01-22 00:50)
はじめまして!(ここでは...(^^ゞ)
ナマ・真理子さんには2度お会いしてまぁ〜す☆
『風のハルカ』...
私もハマってます。時々ホロリ(涙)しております。
前にNHK朝の連ドラにハマってたのは、
山下達郎さんの主題歌の時だったなぁ〜
(番組名、忘れちゃった...)
あっ、私も、旅人志望(素質なし)です!(笑)
唄の歌詞なんかに、「旅」とか「彷徨う」とか
「遠くへ」な〜んて出てくると、過剰反応します(^^ゞ
makky☆
(2006-01-22 09:34)
股旅や寅さん気分を味わいたい方、我らのちんどん屋グループに参加してください。衣装、カツラは股旅そのもの。
演奏曲も、赤城の子守唄、箱根八里の半次郎、サーカスの唄なんてのをやります。
基本的にはボランティアですが、年に20回ほど出番があります。浅草や青梅でやる時は、周りの雰囲気も大正ロマンそのもの。

人生は股旅だ。
monk
(2006-01-22 15:27)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。