視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う

昼ごろから降り出した雨が時々あられになります。雨とあられだけじゃなくて、感謝感激も降ったらおもしろいのに。日曜日が終わりかけています。寺山修司さんの『かもめ』を読みました(やまシンくんありがとね)。急に聴きたくなって、アマリア・ロドリゲスの「かもめ」を聴いています。シャンソンではなくて、ファドの「かもめ」です。アマリアの声とギターラの音が美しくて、泣きたくなるようです。

コメント

今晩は。
そのアマリアさんは、以前 so far songs で特集され方でしょうか?
もう一度聴いてみようと思います。
ところで、昨日 今日と、仕事以外のコト(趣味?)で、身も心も全力投球しました。やるだけやったら、心地よい脱力感でイッパイです。
こんな夜は(も!)まりこさんの唄を聴きながら床に入ります…。
くもすけ
(2005-12-11 21:31)
笑わないでくれ。
「新潟ブルース」が好きだ。
「西海ブルース」と同じくらい好きだ。
きーちゃん
(2005-12-11 23:29)
「ファド」はポルトガルの民俗歌謡なんですね。
恥ずかしながら、知識不足で初めて聴く言葉なのでネットで色々調べてみました。
日本に民謡や演歌があるように?イタリアには「カンツォーネ」、フランスには「シャンソン」、アルゼンチンには「タンゴ」、ブラジルには「サンバ」、ポルトガルには「ファド」・・・・。
その国や土地で生まれた歴史のある音楽は時代や国境を越えて、素晴らしいものがあると思います。
先日の「竹田の子守唄」も・・・。
アマリア・ロドリゲスの「かもめ」(gaivota)も少しですが視聴してみましたが、ギター?ギターラ?の音と彼女も声がすごく哀愁があって、泣きたくなる?ような不思議な魅力のある素敵な音楽だと思います。
mariko嬢の唄はそうしたたくさんの音楽の影響を受けながら、独自のスタイルで、日本のファド?っぽいソウルを歌うところがすごく好きですよ。
so far songsでの特集?聴いてなかったので・・・
今宵はmariko嬢のお陰で、またひとつ知識が広がりました。ありがとうございます・・・おやすみなさい。
やまちゃん
(2005-12-11 23:30)
アマリア・ロドリゲスの「コン・ケ・ヴォス」を聴くと、真理子さんのLiveでおなじみの「霧笛」の原曲「難船」が聴けます(「霧笛」自身はちあきなおみさんが唄っていたと記憶していますが)。

アマリアの唄はギターラが奏でる哀愁の音色に乗って、溢れる思いの丈を僕らにぶつけてきます。その表現は巧いだけでなく、気高く、情熱的で、でももの悲しいんですよね。

ファドの歌手は数多いますが、「かもめ」が収録されているアルバム「コン・ケ・ヴォス」の頃のような表現力を持った歌手は、まだいない気がします。

真理子さんの中でファドや世界の名曲がどんな形に消化され、表現されるのかは、聞いている私の大きな楽しみでもあります。


★一度、ギターラやヴィオーラをバックに真理子さんが歌うのを聞いてみたい気も。アコーディオンをバックにシャンソンとか(笑)。
ばんばん
(2005-12-12 01:11)
『かもめ』読んでいただけましたか。
ありがとうございます。
編集者も喜ぶと思います。
アマリア・ロドリゲス、これはLJで
リクエストしてみようと思います。
やまシン
(2005-12-12 01:26)
「ふた粒の雪」
 歩いていたら、ほおに何かがふれた・・
 もしや・・とおもい、見上げたら・・
 夜空に ひと粒 ほの白く 舞うひとひら・・

 どうやら 初雪・・・


 ※
 そうそう 今夜、わたしのこころには、感謝感激が降り続いています・・・。
 ・・積もるでしょうか?
 でも、あとかたも無く 溶けてゆくのでしょうね・・・
 
 雨や雪のように 降るより  忘れる事が無い。 そう願いたいです。 
 そうしてしまうのは、自分で・・なのでしょうね・・ 自分のこころなのに・・ 自分のこころだから?・・・

 
 こころには、雨や雪のように・・降っているのかも・・・
ロック54!
(2005-12-12 01:36)
まりこさんファンには詩人も多い・・・
あかり
(2005-12-12 10:44)
ポルトガルギターの湯淺隆さんとマンドリンの吉田剛士さんによるアコースティックユニット「マリオネット」の演奏で歌う浜田真理子さんも聴いてみたい。
きーちゃん
(2005-12-12 15:22)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。