視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
IMG_2722(40).jpg
カメラ遠藤ミチロウさんと。

おはようございます。朝晩涼しくなりましたね。ああ、「あまちゃん」が終わってしまう・・・もうやだ〜(悲しい顔)。これからどうやって生きていけばいいのか。

あんなに暑かった夏はどこへ行ったのかなあ。なんてぼんやり思います。さて、怒涛のスケジュールだった3日間を終えて、わたしもやっと一息ついています。スクールMARIKOも終了してうれしいようなさびしいような。

9月14日は市民活動センターにて、市民活動フェスタに出演してきました。翌日に控えたスクールMARIKOの告知もかねて、オークションに出品も。
オークション.jpg
カメラ高値で落としていただきました。収益は東日本大震災・津和野豪雨災害の被災地へ送られるそうです。

遠藤ミチロウさん.jpg
カメラ遠藤ミチロウさんと。

9月15日はスクールMARIKO最終回でした。プレイベントから数えて7回目、ハマダ七番勝負の最後のお客様は日本が誇るパンクロッカーの遠藤ミチロウさんでした。スターリン時代のパフォーマンスからは想像できないような、真面目なお人柄の遠藤さん、福島について、プロジェクトFUKUSHIMA!について、盆踊りについて語っていただきましたよ。最後のミニライブもかっこよかった〜。学校卒業以来だと言われた「ふるさと」遠藤さんにも歌っていただきました。なんだか明るい気持ちで歌えてうれしかったです。皆勤賞のみなさんもおめでとうそしてありがとうございました。半年通うってなかなかできそうでできないことですよ。心からありがとう。スタッフもみなさん、それから応援してくださったみなさん、今井書店の松本さん、松江サードプレイス研究会のみなさん、ほんとにありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

半年間いろいろなゲストをお呼びしてやってきたスクールMARIKOでしたが、たいへん考えさせられるイベントでした。知れば知るほど、途方にくれる、どうしたらいいのかわからなくなるということで、問題は大変に複雑なのだと知りました。でも、これからのわたしたち避けては通れないことでもあります。これからも、迷いながら、もがきながら、スクールMARIKOを続けて福島のことを考えたり、松江の町のことを考えたりして行こうと思っています。どうぞよろしく。

IMG_2732(40).jpg
カメラみんなありがとー!

zinnkenn.jpg
カメラ人権!

9月16日はダブルヘッダーの日。朝は、加茂町ラ・メールでの「人権フェスティバル」に出かけてきました。トーク&ライブをしてきました。最近トークの仕事が多いような(笑)。スクールMARIKOのことなどしゃべってきましたよ。ラ・メールで歌うのは初めてでどきどきしました。素敵なホールねえ。あの形は何がかたどってあるのですか?誰かご存じの方教えて〜。

201309162047001.jpg
カメラ遠藤ミチロウさんと。ハマダはスターリンメイクで(笑)。

さて、同じ日とは思えないいでたちですが、夜はライブ!
郁文の種が主催するライブイベントがライブハウスB1でありました。メインゲストは遠藤ミチロウさんです。山陰が誇るたくさんのミュージシャンが出演し、ライブの終わりには遠藤ミチロウさんとハマダが一緒に「ええじゃないか音頭」を踊りました〜グッド(上向き矢印)いや〜楽しかった〜。お誘いいただきありがとうございました。

平田のケーブルテレビの番組「バンドやらこい!」でもライブの様子は放送になるそうですよ。きゃ〜るんるん

さて、これをもちまして、ハマダの夏は終わりました。これからは秋のイベントに突入です。
まずは9月29日岡山で行われます「マチノブンカサイ」。今年もまた出かけますよ〜。今年はなんと大友良英さんとご一緒します。わーるんるんぴかぴか(新しい)たくさんのお出かけをお待ちしております。ご参加のみなさんはスリッパを忘れずに。

イベントWEB本の雑誌では、ハマダの連載「胸の小箱」も好評(自分で言うけど)連載中です。こちらもどうぞよろしく!
http://www.webdoku.jp/column/hamada/

☆札幌@愛さん、いつもありがとうございます。ジロキチでの動画ごらんいただきありがとうございます。動くハマダでございま〜す。

さて、秋晴れの空の下、今日もご機嫌さんで手(パー)

☆☆お写真、たくさんのみなさんからいただいたものを使いました。わかさん、赤い人、みっちゃん、美沙ちゃんありがとうございました。

おまけコーナー
ハマダの「胸の小箱」でもおなじみ修ちゃんです。
201309161858000.jpg
2013-09-18 11:26 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

「胸の小箱」読みました。その時の真理子さんの風景がわかって、涙が出てきました。

瀬戸内寂聴?夫婦善哉?(#^.^#) とはちがいますけど、

歌と同じように心をつかまれました。一度だけ行った県民ホールのコンサートでも、最後「胸の小箱」でした。雨の松江、帰りに、橋の近くのおでん屋に寄りました。良い思い出です。

今後も楽しみに「胸の小箱」読みますね(^_^
satoshiori57
(2013-09-18 15:17)
スクールMARIKO、お疲れ様でした。
でも自分は、オープニングイベントと最終回しか出席できなかった落第生。
ごめんなさい。


ラ・メールも行きました。
緞帳が上がってステージを見ると、視線の正面には真理子さんのピンヒール。
ペダル操作見ながら聴く真理子さんのライブは、ある意味新鮮でした♪♪♪
シチュエーション的には「あしくび」が聴きたかったけど。(笑)


『よもよもだらぞ』も見ましたよ。
湖上での「風の音」も良かったです♪
でも映像見てて思ったのは、こりゃ「スワンの涙」やな!!(汗)


県民会館でのライブも楽しみです。
年中夢求
(2013-09-23 22:24)
「涙が出ました、」少し訂正。率直な記述に感じたのだと思います。松江で始まった真理子さんの音楽人生、様々なミーちゃんはーちゃんの親分たちが、惚れ込んだんだなー、みーちゃんはーちゃんでも、ここまでできる、そのありのまま、これだけ、みたいなところが、いたく感じました。最初から大友さんが入っていたわけじゃなし、ところで、遠藤ミチローとの音頭、声裏返ってますよ(^o^;)。
邪念の日々、心をきれいにしたいときには その町の子供https://t.co/awDF4Ffcou聴いてます。いつかコンサートでききたいな、二番、三番も欲しいな、mariko2読みました(^_^ゞ。音頭もガーンって歌ってほしいな、あとの歌はなしでもいいから、
satoshiori57
(2013-09-26 15:00)
待ちに待った2回目の南九州ライブまであとわずかです。真理子さん、福島や東北に思いを馳せて、賢治の星めぐりの唄を歌ってくださるでしょうか。南九州では震災と原発事故に関する受け止め方が違っている気がします。いわゆる温度差でしょうか。私が住む宮崎県に原発はありませんが、鹿児島県の川内にはあります。他人事でない方が鹿児島には少なからずおられるでしょう。そして私は真理子さんのブログを読み、原発に対する冷静な姿勢に時々共鳴しております。ひそやかに歌って下さると嬉しいです。いつも注文ばかりですみません。
yamasemi
(2013-10-01 20:25)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。