視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
東北ツアーについて[ハマダマリコ的こころ]
東北関東大震災に被災されたみなさまにこころよりお見舞いを申し上げます。

大変残念なことですが、3月17日福島ライブ、3月19日会津若松ライブ、3月21日新潟ライブは中止します。すみません。
このたびのライブツアーを企画していただいた主催者の仙台のギルドネクストさんに昨日やっと電話がつながり連絡がとれ(ご無事でよかった!)、今日中止の決定をいただきました。

一昨年から何度も何度も通って、友達や知人ができ遠い地であった東北を身近に感じるようになっていたのでよけいにこのたびの災害には言葉が出ませんでした。今もサイン会でお話をしたあの方この方のお顔が浮かんでいます。

今はただただ、一つでも多くの命が助かることを祈っています。
無力なわたしですが、遠い地から精一杯の支援をいたします。
被災地のみなさん、どうか負けないで!

なお、3月23日札幌ライブは開催します。
また、中止になったチケットの払い戻しなどに関しましてはギルドネクストのHPで、今後案内があるようですので、そちらをごらんください。http://www.guild-next.jp
(仙台の会社ですので被災されています。ご案内まで時間がかかるかもしれませんが、いましばらくご猶予をお願いします。)
*新潟公演に関しましてはこちらをご覧ください。FOB企画  http://www.fobkikaku.co.jp/saigai/index.html#010

☆ヤドリギ金子さん、ああ、あなたはご無事でしょうか。せっかくライブを楽しみにしていてくださったのに、残念です。きっとご無事で、いつか必ずお会いしましょう。

植田康弘さん、先日はお出掛けありがとうございました。自分の気持ちがどうであれ、仕事には出かけねばなりません。喜んでいただけて、わたしも行ったかいがありました。感謝です。

熊谷修一さん、ご家族みなさんご無事でよかったです。ご報告ありがとうございます。今回は行けませんでしたが、いつか必ずまた行ける日もくると信じています。それまでわたしもこちらでがんばります。どうか元気を出してくださいね。

ヒロキチさん、大変でしたね。今頃お疲れが出ていることでしょうね。どうかゆっくりお休みください。元気が出たらこれからのことをゆっくり考えましょう。なによりもご無事でよかったです。

赤い人@大阪さん、先日はイベントにお出掛けありがとうございました。迷いを抱えたままでしたが、でも頼まれた仕事には行かねばなりません。会場のみなさんの姿が心強く、頼もしく思えました。ありがとう。

☆☆13日の島根県立美術館の感謝祭にお出掛けいただいたみなさまありがとうございました。
P1000471.jpg
P1000476.jpg
P1000477.jpg

追記:後日美術館の方から当日の様子の写真をいただきました。ありがとうございました。
2011-03-15 20:31 この記事だけ表示   |  コメント 12

コメント

未曽有の大災害、何て表現して良いやら言葉が見つかりません。
亡くなられた方には心から哀悼の意を、被災された方には心からお見舞い申し上げます。

私は17日の福島のライブ、楽しみにしておりましたが、遠方ですのでこの災害の折、救援の邪魔になってはいけないと、行かない決断をしていました。
中止は残念ですが、チケットは大切にしまっておきます。払い戻しは辞退して、何かのお役に立てていただきたいと申し出るつもりです。

真理子さんの歌声で勇気づけられる方がたくさんおられると思います。また東北で、歌う機会があることを願っています。

私は、来月のクアトロを楽しみにまた、頑張ります。
とち親爺
(2011-03-15 21:40)
このブログが更新されて安心しました。よほど落ち込んでおられるんだろうなと心配していました。島根県立美術館でのロビーコンサートは、私も当初は行くのをためらいました。毎日、つたないブログを書いているのですが、読んだ人から「何やってんだ」と思われそうで。でも、行って本当に良かったです。様子を当日のブログに載せています。よろしければご一読を。できれば、あの会場の雰囲気を写真で残したかったです。
(2011-03-15 23:53)
真理子様。美術館でのライブお疲れ様でした。やっぱり真理子さんも迷っていたんですね。真理子さんのお話に自分ももらい泣きしてしまいました。なぜこんな事になってしまったのか、いくら考えても答えはでませんが、みんなができることをやるしかありませんよね。とにかくみんなで、ほんとにみんなで乗り切るしかありませんよね。ライブを聞いてそんな気持ちになりました。ありがとうございました。次は必ず娘付きで伺います。でも・・せっかく一番前のベストアングルに座ったのに逆光で真理子さんの顔がぜんぜん見えなかった・・・。
bibi
(2011-03-16 00:04)
まりこさん。出来ることならば、まりこさんのピアノと歌声を被災地の方々に届けたいです。人間を救えるのは人間だけですよね。あたたかな歌声にどんなに癒されるでしょうか。

当たり前のように電気が点き、水が出て、温かい食べ物を食べ、温かいお風呂に入れ、布団で眠れることがどれだけ贅沢なのか、と思い知らされます。

ちっぽけなわたしに出来ることは何だろうと毎日考えています。
今は出来ることをして、祈ることだけです。

どうか、被災地の方々が明日への希望を持たれますように。
kunoichi*
(2011-03-16 16:37)
先日に続いてコメントするのは気が引けるのですが、どうしても書き込めずにはいられなくなり書き込むことにしました。

震災から数日たち、こちらでは一見平穏な日々が戻ってきたかと思いきや、ガソリン不足や輸送コストの高騰で町は却って混乱をきたし始めています。私の周囲も生活の不安からどこかいきり立ち、やり場のない怒りを隠せないところが頭をもたげています。被災地とはまた別の意味で苦しい局面が始まっているのです。
そしてその怒りの中にいる自分にまた怒りがわく悪循環はどうすればいいのか・・・

このようなときだからこそ、kunoichさんのいうように「人間を救えるのは人間だけですよね。あたたかな歌声にどんなに癒されるでしょうか」ということを生活の中で実践していきたいのですが・・・

今回の磐越路は中止でしたか。でも、きっと真理子さんは奥羽の地にまた歌うべき人と思うています。そのときを待っています。
y.nishita
(2011-03-16 20:40)
真理子さん。

 沖縄では、素敵なライブありがとうございました。
 あれから、一週間もしない間に、東北での大災害。
 確か、沖縄のあと東北ツアーだったなと思い、HP を見て真理子さんの日記を拝見して、苦しんでおられたこと、よくわかりました。

 わたくし事ですが、2009年に真理子さんの事を知り、心斎橋のクワトロまで広島からライブに行きました。当時の僕は、今もそうですが、肺がんの治療中で、真理子さんの音楽に、どれほど支えられたか判りません。同年に妻と一緒に大山まで山開きのライブに伺い、「本当に生きていて良かった。これからも頑張って治療して行こう」と決心出来ました。

 真理子さんの音楽には、それだけのパワーがあるのです。どうぞ、知り会われたばかりの方の被災を耳にされ苦悩多いことと思いますが、ここ一番、一人でも多くの方のために歌って、心の平安のために頑張って下さい。

奈良のお父さん。
奈良のお父さん。
(2011-03-16 21:43)
初めてコメント致します。
実は会津のコンサートに夫婦で行くことになっておりました。
私たちは先週入籍したばかりで、結婚後初めて2人で出かける場所が浜田さんのコンサートでした。
私たちにとって、浜田さんの「十五夜」という曲はとても思い入れのある歌で、2人揃って行くことを楽しみにしておりました。
今回は残念でしたが、いつか2人で出かけたいと思います。
阿部
(2011-03-17 20:55)
真理子さん、昨年の郡山で御一緒させていただいた末広女子組です。

引きこもり生活をしていますが元気です。
本当に…色々な怒りやもどかしさもあるのですが、それ以上に人の力強さ温かさに感動して涙がでます。
衣食住の有り難さに気づき、空気まで感じる生活です…、想像もしませんでした。
大事な経験をしたのだと思うとともに、必ず乗り越えられると信じています。

会津福島ライブとっても楽しみにしていたので残念ですが、落ち着いたらまた福島にいらして下さいね。
それまで頑張ります!
るみこ
(2011-03-18 11:45)
浜田さんこんにちは。僕宛てに二、三日前にギルドネクストのS社長様御本人から浜田さんのコンサート中止のお電話を直接いただきました。そのお心遣いに胸が熱くなりました。S社長様のあのお姿が頭に思い浮かび何だかホッとしました。
なんというお方だろう…、厳しい災害にあってもなお顧客をあえりみることを忘れないとは…と深く感心致しました。
浜田さん、すばらしいお方にコンサートのサポートをしていただいておられますね。本当にギルドネクストの方々がご無事であって、よかったですね。

困惑の中にある浜田さん、いつかまた、こんなすばらしいS社長様と共に浜田さんが「何かが」できたら、すばらしいと僕は思います。
S社長様や浜田さん、そして助かった人々…、うまく言えないけれども僕は、(みんなが)生きているからできることを大切にしていきたいです。

僕はいま(放射線物質の飛来に怯えながら)、自分が生きている事やこれから生きることへの不思議、幸運さ(=幸運といえるような類いではないような気がします)を素直に喜ぶ事が出来ない心情の中で、上記のような夢に心が馳せました。
浜田さんもS社長様も根の部分では似た夢を持つ者、同志のように感じる部分があります。

浜田さんの困惑したお心は、浜田さんの思慮深さと優しさ、そして浜田さんがいつかブログで書いた有吉佐和子著『出雲の阿国』の感想の中の‘傾きもの’や‘根無し草’に由来しているのかもしれないなあ…と、感じております。

でも、ですね…浜田さん…、浜田さんが苦しい心情の内にある事を承知した上でお伝え致しますが、雪国の人々が春を待ち慕うように、浜田さんが目の前にいるコンサートで『わたしたちのうた』をまたいつか聴きたいと思っている人々がいると思うのです。その中の一人は僕です。
浜田さんがCDの中ではなく、生きて目の前にいて、歌っている姿が僕の目の前にある、という事が一番大事なのです。

浜田さんの歌は人を暗くはさせません。暗闇の中からぼんやりと何か暖かいものがじんわりとにじんででてくる、浜田さんだからいつまでも好きなんだと言える、僕の大好きな歌たちです。

今の浜田さんに、元気を出してとはお伝えできませんが、自分が被災したとしても、しなかったとしても、あなたの唄と声とそのお人柄、いつまでも好きです。

長く書いてしまいましたが、あまり謝る気持ちが湧きません。うまく表現出来なかった部分があり、浜田さんを傷つけてしまわないか心配なのですが、僕の今の気持ちです。

浜田さん、読んでいただきありがとうございます。これから夜勤に行ってきます。

山形県尾花沢市 熊谷修一
熊谷修一
(2011-03-18 15:17)
真理子さん、やっぱり歌はすばらしいです。

今日、つけたテレビで、子供向けの歌番組をみて、なんだか心が楽になり、ゆうきが湧いてきました。

私は大阪ですが、毎日の辛いニュースに心もかなりかたまってたようです。

希望がなくなると、人は生きていけないとききました。

歌は希望を人々から思い出させてくれる大事なものだと改めて実感しました
藍ヒトミ
(2011-03-20 01:29)
真理子さん
私もいろいろ思ったり、不安になったり
怒ったりしますが・・・

被災者である方々の方が
私たち以上に
言いたいことが言えないのかなって
新聞読んだりテレビを観たりして思いました

また被災者の方々は本当に忍耐強くて
東北の方々、日本人ってすごいな とか
思いました・・・
何だかそばに行って話を聴くだけでも
してあげられたら・・・(たやすいことではないですが)

と言いたいこと書いてしまいました!
真理子さんにまたお会いできること
本当に楽しみ!!
何となく恥ずかしいけど?(笑)
あかり
(2011-03-20 15:05)
ヤドリギ金子です。ライフラインも復旧し、私の住む蔵王の麓は落ち着きつつあります。しかし、周りは友人、同僚、そしてその家族の哀しみに溢れています。無力を感じながら、ただ呆然とする日々。
 少しずつ自分にできることを探して行きたいとおもっています。
 真理子さんの歌の力に期待します!
(2011-04-10 19:50)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。