視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
news
MARIKO HAMADA Live vol.2 2020.2.4発売!!! Vol02jacket_low.jpg


浜田真理子11月の出演情報[浜田真理子ライブ情報]
浜田真理子11月の出演情報

11月13日(月)MariMariMakiko
IMG_3736.jpeg
場所:四日市SIXTY SIX
時間:open 18:30 start 19:30
出演:浜田真理子&Marino、胡池マキコ
料金:前3500円 当日4000円➕1D
予約・お問い合わせ:059-352-4977(シックスティシックス)
☆MariMariMakikoすっかりお馴染みです。前回は台風で中止になりました。リベンジします!

11月17日(金)、18日(土)浜田真理子甲信ツアー
IMG_3864.jpeg
IMG_3801.jpeg
IMG_3802.jpeg
11月17日(金)Live in 伊那
出演:浜田真理子、水谷浩章、Marino
場所:ニシザワいなっせホール6F
長野県伊那市荒井3500−1駐車場あり
時間:開場18:00 開演19:00
料金:予約 一般3,500円 学生1,000円 (特割二名予約3,250円、三名以上予約3,000円/人)
   当日 一般4,000円 学生1,000円 
*未就学児は無料です。
*事前予約特割は一般の方のみ対象です。
予約・お問い合わせ:0265-96-0370
akaishi.shouten@gmail.com 赤石商店 埋橋

11月18日(土)Live in 甲府
出演:浜田真理子、水谷浩章、Marino
場所:甲府 桜座 https://www.sakuraza.jp/
時間:開場18:30 開演19:00
料金:前売3,000円 当日3,500円 別途Drink500円
   LIVE配信2,000円
予約・お問い合わせ:桜座 055-233-2031
☆全県ツアーの色塗り案件、長野、山梨も水谷浩章さんのおかげで行けることになりました。ご一緒するの久しぶりです。楽しみー!

11月21日(火) 仙台 marimari live
mh_page-0001.jpg
場所:cafe Mozart Atelier
時間:開場18:30 開演19:00
料金(税込):全席自由3,500円(ドリンク代別途)
お問い合わせ:チケットパートナーズ
tel 022-222-2033(平日11:00〜16:00)
ローソンチケット:Lコード21553(ローソン)

11月23日(木・祝)盛岡 marimari live
場所:すぺいん倶楽部
時間:開場14:30 開演15:00
料金(税込):全席自由3,500円(ドリンク代別途)
お問い合わせ:チケットパートナーズ
tel 022-222-2033(平日11:00〜16:00)
ローソンチケット:Lコード21553(ローソン)

☆お久しぶりの仙台、盛岡です。楽しみー。
皆さまお元気ですか。全県ツアーのスタンプ押しますよー。
2023-10-05 14:04 この記事だけ表示   |  コメント 1

コメント

「浜田教」といってもいいのだ、とおもう、教祖の名前は真理子である、一遍上人のように踊るわけではない、秘儀もない、ただ、ピアノを弾いて唄う、それだけ、けれど、一度聞いたひとは、また聴きたくなって彼女のもとへかえって来る。
浜田真理子が音楽活動を始めて25年を機に全国行脚を始めた、そしてみちのく、仙台の集いへ「信徒」のぼくもやって来た。
この夜、冒頭の「流れ星」、「のこされし者のうた」、二曲を聴いて、それだけで「安心」の境地へ少し近づいた気がする。
宗教とのアナロジーで浜田真理子の音楽世界を語ることに違和感を感じるひとがいるかもしれないけれど、底流にある「祈り」は同じなのだ、近年同じ道に志すマリノ氏の参加でその世界が多様化したのも、彼女が「御嶽」への信仰 のなかで育ってきたからでもある、と勝手に思っている。
「とうがにあやぐ」「たましいのレストラン」、繋がって、輪になる、「胸の小箱」に大事にしまわれているのが、さよならの言葉だけであるはずもない。
真理子「師」には信徒が、それも著名人の中に多く隠れていると、何の裏付けもなく思い込んでいる、そんなうちのひとりの信仰告白(?)を最近目にした、

もしも「日本で最も素晴らしい歌を作る歌い手は」というアンケートがあれば、「浜田真理子」をあげる。(早川義夫『海の見える風景』)

と、ここまで書いてきて、まだ触れていなかった一曲があることに気付いた。
訪れた土地に因んだうたを選ぶことを恒例にしている彼女が仙台で唄った「秘めごと」、そしてぼくの隣で聴き入る老夫婦の穏やかな表情を今でも想い出す、「祈り」はいま自分がある土地での日々の暮らしのなかから生まれて来る、そこからしか生まれない。

全国行脚は今年も続く、許された時間の中で、今しばらく浜田真理子のフォロワーでいたい、とおもう。
Ushi
(2024-01-23 12:23)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。