視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
news
MARIKO HAMADA Live vol.2 2020.2.4発売!!! Vol02jacket_low.jpg


浜田真理子6月の出演情報
浜田真理子6月のライブ情報

6月28日(水)梅田ロイヤルホース
MariMari Live

・出演:浜田真理子、Marino(sax)
・開場時間:17:30 ・開演時間:19:00/20:30
・チャージ料金:SS=4,950円 S=4,400円 A=3,850円 barcounter=2,200円
・お問い合わせ:ロイヤルホース
http://www.royal-horse.jp/live/

2023-04-30 12:39 この記事だけ表示   |  コメント 1

コメント

オープニングの「Love You Long」で浜田真理子の唄声を聞いたとき、なんだか懐かしい気がした、記念コンサートや「マイ・ラスト・ソング」公演などで、ずいぶん久しぶりの「ふつう」のライブ 、定番の大阪梅田ロイヤルホースである。
「Can't Help Falling in Love」の余韻のうちに、マリノが吹き始めたのは「No Woman, No Cry 」、胸騒ぎがする、つづける浜田のうたは「化粧」、彼女にしかできない「取り合わせ」、西脇順三郎の「詩学」が頭をよぎる、「冒険」、「実験」、大仰と言われるかもしれないけれど、新しいポエジーがそこに生まれて確かにあった、と思う。
一輪の花がケをハレに変える、一曲の歌が日常を祝祭に変える、ノロとサニワ、なかなか「普通」のライブなどでは終わらないのである。
浜田真理子はつくづく「love song singer」だと思う、死をはらみつつ、生きていることへの、森羅万象への、そしてとりわけ「うた」への「love・ song ・singer」
「恋、出会いと別れ」が詰まった時間、それって人生そのものじゃないか。
アンコールの「あなたのすべてを」が終わっても立ち去り難い思いの拍手が続くなかで、出口に向かうぼくの背中で声が聞こえた「やっぱ、ここの真理子はエエよなぁ、オレの歌もちゃんと忘れんと唄うてくれたし」、振り返るとステージ横の写真の桑名が軽く片方の目をつぶってみせた。
USHI
(2023-07-01 09:56)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。