視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
MARIKO HAMADA LIVE 2017~2019 vol.1
MARIKO HAMADA LIVE 2017~2019 vol.1
jacket_low.jpg

久保田麻琴の録音MIXによる5年ぶりのライブ盤Vol.1ソロ篇。浜田真理子自身がこの秋立ち上げた新レーベル「カメリアレコーズ」よる第一弾。

Billboard Live TOKYOから、地元松江の島根県民会館まで、ホールやライブハウスでの録音を久保田麻琴プロデュースによりまとめたもの。ライブでの人気オリジナル曲から、遠藤ミチロウ「カノン」、里花「流れ星」、ブルームーンカルテット「すべて失ってもいい」のカバー曲も収録。ライブゲストあがた森魚とのデュエット「春の嵐の夜の手品師」も収録。「カメリア」は松江の花、椿のこと。帯コメントはアメリカ在住の伝説のシンガーソングライター金延幸子。

収録曲
1 流れ星
2 祭りの花を買いに行く
3 のこされし者のうた
4 琥珀色慕情
5 十五夜
6 Mate
7 Mariko's Blues
8 胸の小箱
9 春の嵐の夜の手品師
10 カノン
11 純愛
12 すべて失ってもいい


参加ミュージシャン

浜田真理子(p,vo)
加瀬達(b)M3.9.11
檜山学(acc)M3.9.11
服部正美(dr)M9.11
あがた森魚(guest vocal)M9

収録場所
M1-島根県民会館中ホール 2019/3/2
M2.4-晴れたら空に豆まいて 2017/8/4
M3.9.11-Billboard Live TOKYO 2017/4/13
M5.6.7.8-草月ホール 2018/11/17
M10-Motion Blue yokohama 2019/5/31
M12-めぐろパーシモンホール 2018/7/7

Produced and Mastered by Makoto Kubota
Recorded between 2017 and 2019
by Moky Tanizawa, Hiroshi Iguchi, Nobuyoshi Aizawa and Makoto Kubota
Executive Producer Mariko Hamada (Camellia Records)

Art Work by Taina Lima
Design Coordinated by yamasin(g)

価格
2000円(税抜)

☆お待たせしました。新しいライブ盤の詳細情報です。vol.1はソロ篇、vol.2はバンド篇です。ソロとはいえ、小アンサンブルも収録しています。ジャケットのデザインは前作「Lounge Roses」を担当してくださったブラジルのTaina Limaさん。「因幡の白うさぎ」をモチーフにしたい、という浜田の思いを久保田さんが伝えてくださると、Tainaさんノリノリで、かわいらしくて、ポップなうさぎを描いてくださいました。vol.2もかわいいですよ。発売日は11月7日。11月2日の東京文化会館でのコンサートでも先行販売いたします。どうぞお楽しみに!
2019-09-15 10:10 この記事だけ表示   |  コメント 2

コメント

凄く楽しみです!
クロヒジタケシ
(2019-09-15 10:20)
浜田真理子にはベスト盤と銘打たれたレコードはない、というと全部がベスト盤だからという言葉が返ってきそうな気もするのだけれど、今度立ち上げた新レーベル「カメリアレコーズ」よる第一弾「MARIKO HAMADA LIVE 2017~2019 vol.1」はliveという限定つきながら、これこそミュージシャン浜田真理子のベスト盤だと言っていいだろうと思う。
vol.2の収録曲が未発表なので本来的にはそれが明らかになってからコメントすべきなのだが、待ってられないからまぁいいでしょう。
vol.1の収録曲をみてみると、12曲の内4曲が全くの初音源化であり、あと4曲もlive versionとしては初めてだから三分の二が初めての音源化ということで、残念ながらライブに行けなかったひとにとってはこんな幸せなことはないし、勿論、会場で聴いたひとも、その時々のさまざまな思いがよみがえってくるという意味で、また嬉しいことに違いない。
で、僕がベスト盤だというわけは、まずあの伝説のファーストアルバムから2曲が収録され、シンガーソングライター浜田の名を巷間に高からしめた「純愛」が入り、そしてちょっと聞きなれない言葉ですが「浜田オリジナルカヴァー」とでも言うべき曲が4曲収録されていること、これだけでもう十分なんだけれど、もうひとつ、僕が聴くたびにウルウルしてしまう曲ベスト3のうちの2曲が入っているという最強のラインアップだということなんですね。
だから今度のアルバムは、浜田真理子の世界をまだ知らないひとへの入門として最適なのは言うまでもないけれど、どっぷり浜田ワールドに浸かってしまっているひとにも、この秋の大きな贈り物になるだろうとそんなふうに愚考しているわけです、今後のレコ発ライブも乞ご期待!
うしはら
(2019-10-01 14:13)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。