視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
浜田真理子2019年3月のライブ情報
★★★★--------------------------------------------------------
島根県民会館開館50周年/Mariko 20th anniversary of debut
【浜田真理子コンサート 〜LOUNGE ROSES〜】
--------------------------------------------------------★★★★

LoungeRosesちらし.jpg
LoungeRosesちらし裏.jpg
2019年3月2日(土) 島根県民会館 中ホール
開場/16:30  開演/17:00 
入場料金(税込):全席指定 4,500円
-----------------------------------------------------------------
【出演】
浜田 真理子

<GUEST>
加瀬 達(upright bass)
伊藤 大地(drums)
檜山 学(accordion)
Marino(s.sax/a.sax/t.sax)
久保田 麻琴(Live MiX)

-----------------------------------------------------------------
※未就学児(6歳未満)入場不可。
※無料託児サービスあり。2/23(土)までにご予約ください。
※車椅子スペース・磁気ループ補聴器対応エリアをご希望の方は、島根県民会館へお問い合わせください。
★★チケット発売:12月15日(土)発売★★

■お問い合わせ・託児申込
島根県民会館チケットコーナー TEL0852-22-5556
【営業時間】9:00〜18:00(※営業時間は2019/1/4(金)より10:00〜18:00に変更)
【定休日】第2・第4月曜日(祝日・振替休日の場合は営業)/年末年始12/29-1/3

■チケット取扱所
【松江】島根県民会館チケットコーナー/プラバホール/今井書店グループセンター店
【出雲】今井書店出雲店
【米子】アルテプラザ(米子天満屋4階)
島根県民会館オンラインチケット http://www.cul-shimane.jp/hall/ 
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード/62030)
チケットぴあ: 0570-02-9999(Pコード/136-880)
e+(イープラス)http://eplus.jp
※島根県民会館友の会・グラントワ友の会先行予約(割引あり) 11月28日(水)〜12月9日(日)まで
主催:公益財団法人しまね文化振興財団(島根県民会館)・島根県・日本海テレビ 
-----------------------------------------------------------------

毎年恒例! ホームタウン・島根県民会館でのコンサートを3月に開催決定!
島根県松江市を拠点に、ライブ活動やアルバム制作、
映画、舞台、CM、TVドラマへの楽曲提供など
幅広く活躍するシンガーソングライター浜田真理子。
毎年恒例となったホームタウン・島根県民会館でのコンサートを3月に開催決定!
11年目となる今回のコンサートでは、彼女の音楽的ルーツの一つでもある
昭和歌謡にスポットを当てたカヴァーアルバム『LOUNGE ROSES -浜田真理子の昭和歌謡』からの
選曲を中心にお届けします!

-----------------------------------------------------------------
【浜田真理子からメッセージ】
島根県民会館50周年おめでとうございます。
わたしもおかげさまでCDデビューから20周年を迎えました。
二つの記念の年が重なったこの年、そしてまた平成が終わろうとするこの年に、
最高のサポートメンバーで昭和歌謡を歌います。
みんなが知ってるあの歌この歌を一緒に歌っていただければとても嬉しいです。
わたしを育ててくれた昭和歌謡と島根県民会館に愛を込めて。 

3月10日詳細未定

3月21日(木・祝)御影ロマンス2019
御影ロマンス2019 フライヤー.jpg
場所:神戸蘇州園
時間:開場 12:00 開演 13:00 終演:20:30
出演:王舟 / スカート / 湯川潮音 / 浜田真理子 / おおはた雄一/ YeYe / 角銅真実
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Achico (Ropes) / Rachael Dadd / ICHI
真舘晴子 (The Wisely Brothers) / 東郷清丸 / 平賀さち枝 / 高井息吹
ゑでぃまぁこん / Gofish / 一人キイチビール / 網守将平と梅沢英樹

前売 4800円 (2ドリンク代別途)​​
チケット予約→ https://www.mikage-romance.com/

☆神戸の素敵なお屋敷で音楽フェスです。どうぞ遊びに来てくださいね。

3月23日(土)浜田真理子入門6
Season2初級編(桶うどん付き!)

真理子チラシ2019-1.jpg

真理子チラシ2019-1.pdf
受付開始16時・・・開場16時半・開演17時


さてさて、先日のEテレ「ららら クラシック」ご覧になられましたでしょうか。
真理子さんのダニーボーイ・・・いやー良かった。
テネシーワルツとダニーボーイは是非、真理子さんで聴きたいスタンダードナンバー。
願いがひとつ叶いました・・・いや、生で聴きたい !!


真理子さんのオリジナルの曲の数々ではまった私ですが、
カバーして欲しい曲も実は色々ある。
カバーでも真理子さんが本気で好きな曲だと魂が入ると言うか、
ぐっと胸に迫るモノがあるように思います。


だから、何でも唄ってみて欲しいわけじゃないけどね。
6年目の「浜田真理子入門」
「入門」というのは、初めての人にもどんどん来て頂いて、
もっともっと沢山の人に知ってもらいたいから。
「Season 2 初級編」というのは、「入門」から一歩踏みこんだ真理子さんを
聴きたいから。(「Season 2」はずっと続けてゆくためじゃ)

初めての方も玄人な方も一緒になって初心に戻り、
ゆっくりじっくり浜田真理子のうたに出会い、
ゆっくりじっくりおさらいをしていける場所
「浜田真理子入門」を続けていきたいと思います。
今回は宮古島からサックスのMarinoさん、
そして四日市からはお馴染みの胡池マキコさんを迎えて、
お腹も心も満たされるひとときに。
            絹延橋うどん研究所所長


2019年3/23(土) 浜田真理子入門6
Season2初級編

出演 浜田真理子 w.Marino(サックス)
  OA 胡池マキコ
受付開始16時・・・開場16時半・開演17時
※ ライブは休憩を挟んで2時間程

※ 終演後、みんなで桶うどんを囲みます

【会場】
カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
〒666−0014
兵庫県川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
阪急宝塚線「川西能勢口」
能勢電鉄乗り換えでひと駅「絹延橋」より1分30秒。
大阪梅田より所要時間およそ30分
※ 駐車場少ないので、できるだけ電車でお越し下さい。

【料金】できるだけ予約を・・・定員に達し次第終了
大 人 4000円/当日4500円(+ワンうどん702円orドリンク540円)
小中高生1500円/当日2000円(+ワンうどん702円orドリンク540円)

※ 座席の必要な幼児は子ども料金、但しうどんは無料

【予約】
予約専用アドレス 3gai●nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)
件名を「真理子入門2019うどん」とし、
氏名、住所、枚数、種別、電話をお知らせ下さい。
折り返しの受付メイルの後の
予約可否のメイルで受付完了となります。

メイルが困難な方は
・電話 絹う研072-767-7639
所長携帯090-4291-0122
・または店頭でスタッフに直接

【お問い合わせ】
カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
上記の電話か こちらのアドレスへ
kinuuken●nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)

3月31日(日)たのしい楽団ライブ
今年も応援団長です。
場所:興雲閣
時間:14時〜16時
入場無料

参加ミュージシャン:
テニスコーツさや
ぶどやん(ぶどう農家)
げたお(パーカッション)
れいこ(司会)
きぬしゅー(ベース)
三成(サックス、フルート)
多久和千絵(ピアノ)
いとま(ギター、体操)
千綿(和楽器)
前村晴奈(トロンボーン、メジャー)
応援団長 浜田真理子


たのしい楽団のHPはコチラ
https://tgakudan.tumblr.com/
2018-12-04 17:48 この記事だけ表示   |  コメント 1

コメント

歌にはいろいろな力があるんだなぁと思う、勿論浜田真理子が唄う歌のことを言っているのだけれど。
県民会館の『Lounge Roses』レコ発ライブ、1部は「流れ星」で始まった、「夜空を剥がれ落ちた 僕らは流れ星」、そして様々な場所から、こうして集まって、「君がありのままで そのままで 愛される日が来ますように」と願いを掛けるように唄いかけてくれる言葉を聴いていたら、もうこの一曲で胸がいっぱいになる。
「愛のさざなみ」を湖の連想から松江の歌のように感じるという浜田さん、僕は「風は海から」を聴きながら、より「松江」を意識したのだけれど、それは会場に来る前に松江大橋で海からの風を受けながらぼんやりしていたからだろうか、自分の知らない華国風味より八雲の愛した松江の風物はこの歌にとてもふさわしいように思ったりした。
そして「まちあわせ」、生きているかぎり、まちあわせをするひとは増えていく、そのひとのかけがえのなさや身近さが、「まっていて」という希いをどこまでも強くする、聴くたびにいつも違った思いに心を動かされてきたけれど、でもこの日の「まちあわせ」を忘れることはないだろう。
遺されたシャツとサングラスのMarino さんとの「Danny boy」、名曲「プカプカ」で、あっというまの、でも強い印象を残した1部が終わった。
ソロから「 Lounge Roses Quintet」にかわった2部についても、いろいろ書きたいことはあるけれど長くなってしまったので少しだけ。
ミラーボールから白い光の粒が散華するもとでの「ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース」、「場末哀歌」、たぶんライブで初めて聴く「つぐない」、そして最後の最後のアンコール、「Oh My Papa」の1フレーズをイントロにした「わたしたちのうた」
2部で演奏されたほかの歌たちは、会場で買ったアナログ盤を聴きながら、このライブ全体のことと一緒に何度も思い返すことになるだろう。
往きも帰りも、ひさしぶりに美しい冠雪の大山を観ることができた、いつも変わらずに優しく迎えてくれる松江、そして浜田真理子の歌があるかぎり、たぶんまたここにやって来るんだろうなと思う。
うしはら
(2019-03-04 14:11)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。