視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
2017nenngazyo.jpg

あけましておめでとうございます。戌年ですね、わんわん。お正月いかがお過ごしですか。いつもの年は自宅で紅白を見ながらおせちをつまんでごろごろして年明けを迎えるのですが、このたびは初めてのカウントダウンイベントに参加しました。昨年「歌声列車」のイベントをさせていただいたJR三江線の天空の駅こと宇都井駅で。なんと楽しいイベントだったことでしょう。残念ながら今年の3月に廃線となってしまう三江線なので、ここに停まっている電車の中での年越しは今年が最後です。

イベントには「ゆく年くる年」の中継もありました。テレビとラジオはサイマルではなく、別々の番組なので、両方の中継があるのはとても珍しいそうです。それだけ三江線に注目が集まったということでしょうね。さて、松江から2時間弱の邑南町へ夕方の5時過ぎに到着してから、打ち合わせとリハーサルを重ねました。本番の宇都井駅は地上20メートル、階段の段数は116段もありますから何度も上がるのが大変な方は本番の1回のみ、若い方、元気のある方は何度も上がったり下りたりしました。まー、わたしぐらいになりますと、思いがけない筋トレ、こいつは春から縁起がいいやと本番までに4往復もして膝カックンになりました。

それにしても、テレビは2分ちょっと、ラジオは4分程度の中継でしたが、約60人のNHKスタッフさんたちは前日からの仕込みでてんやわんやでした。それに、照明の業者さん、もちろんJRさん、そして屋台などをお世話された地元のみなさんと、大勢のみなさんの協力あっての中継でした。いやー、「ゆく年くる年」の中継はすごいと風のうわさに聞いていましたがこんなにすごいとはーとはとはとはとは〜←エコー。こころの絵日記に描こうと心に誓いました。

さて、いつもと違った年明けで迎えた2018年であります。今年はなんと、ファーストアルバム「MARIKO」から20年!ひゃー!(注:5歳の時に作ったアルバムです。笑)月日の経つのはなんと早いことよ。20年のご愛顧ありがとうございます。というわけで、関連イベントなど今年も忙しくなりそうです。また、今年は久保田麻琴さんと組んで2作目のアルバムを作る予定です。ひゃー!2月にはレコーディングに入る予定です。そして5月にはリリースの予定です。予定人間です。

そのうえ、今年は久世光彦さんの13回忌の年でもあり、「マイラストソング」イヤーにもなりそうです。3月のビルボードライブ東京・大阪公演を皮切りに各地で「マイラストソング」の公演をする予定です。

そのほか、まだ言えないけど、着々と進んでいるプロジェクトもございます。ああ、分身の術が使えたら・・・。元気があればなんでもできる、というわけで健康に留意しまして痩せ、あ、いや、今年もがんばります。どうぞお付き合いくださいませ。最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。いろんな場所で会いましょう♪
                                       平成30年 初春 鞠吉
2018-01-02 18:48 この記事だけ表示   |  コメント 5

コメント

真理子様 新年あけましておめでとうございます。初めてコメントいたします。
浜田真理子さんの声、歌に心をわしづかみにされています・・齢とともに体に変化が起こるように歌の好みにも変化があるようで、以前から気になっていた真理子さんの歌が今の私の心に語りかけてくれます。これからも聞き続けます。
寒さ厳しき折、お体にご留意され益々のご活躍をお祈りしています。
香川由美
(2018-01-02 19:34)
香川由美さま

おめでとうございます。コメントをありがとうございます。新春から嬉しいコメントをいただき喜んでいます。その時々で好きな音楽ってありますよね。出会えてよかったです。末永くご贔屓に^^素敵な一年になりますようお祈りします。
浜田真理子
(2018-01-02 20:22)
「魂が移るというところに教育の原理がある」と小林秀雄が云っていて、それならば浜田真理子が教師であることに間違いはなくて、大学で教育学部を選んだということにも、すでに自分のギフトが意識されていたのかもしれないと思う。
 魂の伝え方にも色々な方法があるなかで浜田はピアノを弾き歌を唄う事を選んだ、そして最初のアルバム『mariko』の楽曲たちのもつ魂の形や色は、さまざまに聴くもののこころに、たしかに移ったのだった。
 とても乱暴に間を端折って恐縮なのだけれど、昨年、近しい友人の死を悼む「まちあわせ」を聴いたとき、『mariko』から、3.11後につくられた「はためいて」を初めとする3部作をへて、ひとすじに続く流れが、「魂が移る」という意味で、変ることなく持続して「いま」をかたちづくっていることをやはり書いておきたい。
 もう耐えきれないと思うようなことがあっても、時は流れる、浜田真理子の新しい年の「魂を伝えるギフト」がまた始まる、凡庸な生徒の一人として、出来る限りその声を聴き逃さないようにしたい、とそう思う。
うしはら
(2018-01-04 14:38)
うしはらさま
ブログの更新がいつになるかわからないので、今年からここにお返事を書くことにしました。昨年もありがとうございました。いつも素敵な感想をいただいて気持ちがひきしまりました。今年は20周年、特別な年になりそうです。いろいろな場所でお会いできましたらと思います。よろしくお願いします。
浜田真理子
(2018-01-10 15:03)

麻琴さんとの今年の仕事も楽しみにしています。
ライブも、何処かでお邪魔させていただきます。



(2018-01-11 06:55)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。