視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
このごろ訃報ばっかりだ。2月に父が亡くなって、そろそろ元気を出して行こうと思っていた矢先に遠藤ミチロウさんの訃報が届いた。令和に入ってすぐにこのニュースがSNSに流れ愕然とした。闘病中なのは知っていたけれどミチロウさんのことだからきっとまた元気になって私たちの前に顔を見せてくださるだろうと思っていた。それなのに。ミチロウさんは令和の世を見ることができなかった。

20130916_MatsueB1_05.jpg

ミチロウさんとわたしはそう古いお付き合いではない。東日本大震災の後、ミチロウさんが大友良英さんと詩人の和合亮一さんと始められた「プロジェクトFUKUSHIMA!」を応援する形で2013年に「スクールMARIKO」を立ち上げた。震災後、原発事故後の福島を同じ原発立地地である松江から何か支援、応援をしたいと思ったのはよいが、実際にどうしたらよいかわからずにいたら、福島にコンサートに行ったときにお世話になった森彰一郎さんが福島に立ち上がった「プロジェクトFUKUSHIMA!」のことを教えてくださった。

「スクールMARIKO」は松江で開催する松江の市民を対象とした勉強会としようと決めた。島根から福島へはどうしたって遠い。通って何かするということが難しい。けれど何かしたい。そんな悶々とした思いを抱えている人はたくさんいるだろう、そして、同じ原発立地地としてこのような事故を二度と起こさないように、まずは何が起こってその後どうなっているかをみんなと一緒に考えようという気持ちだった。それまで原発のことなど全く考えたことのなかったわたしだから、にわかのそしりは免れないと思ったけれど、それでもやらないよりはましだと思ってつたないながらに勉強会を運営してきた。まじ、柄じゃないと思ったけど敬愛する大友良英さんの活動を見ていて学ぶところも大きかった。

20130815_FestivalFukushima_04.jpg

2013年の夏、プロジェクトFUKUSHIMA!が開催した盆踊りのフェスにわたしは参加した。ライブでは「教訓1」を歌った。夕方から夜にかけての盆踊りの時にはミチロウさんが高い櫓の上に立って雄叫びをあげた。そのかっこよかったこと。

その年スクールMARIKO初年度には、大友良英さんはじめ、7人のゲストを毎月松江に呼んでお話を聞いた。それぞれの視点から語られる福島の今にみな衝撃を受けた。9月の最終回のゲストはミチロウさんだった。

20130915_SchoolMariko2013Vol6_01.jpg

初年度のスクールMARIKOのスタッフは4人で、ゲストにミチロウさんが決まってみんなでネットを見てどんな方だろうかと調べた。豚の内臓を客席に投げる、とか、過激なパフォーマンスのことやパンクのカリスマと書かれているのを見て、「ハマダさん、この方こわい方でしょうか」とおびえた様子でスタッフに聞かれ、そんなことわたしに聞かれたってわたしだって緊張しとります。と思って、福島の森さんに連絡していろいろ教えてもらった。ほんとのところはどうなんですか、ミチロウさんてこわい人なんですか。森さんの「ぜんぜんこわくないですよー、(天然で)ギャグはスルーされるけど」という話に半信半疑であった。

その後、夏だったか、まさに、スクールMARIKOのミチロウ回のミーティングを喫茶店でしているとき、「森さんがミチロウさんはこわくない人だって言ってましたよ、」なんて話してるとき、チリリンとドアの開く音がして入ってきたのがミチロウさんだったときには驚いてさすがに目が点になった。たまたま松江でのライブに訪れていたミチロウさん、ホテルで借りたレンタル自転車で町をぐるぐる回って遊んで、いや、パトロールしていたようだ。しかも、ソフトクリームをなめながら!

ソフトクリームのせいで喉がかわいてふと立ち寄った喫茶店にわたしたちがいた、なんて、ちょっとできすぎな感じだが、そこはミチロウさんが泊まってらしたホテルの近くだったという嬉しい偶然だった。わたしが、「あ、ミチロウさん!」と駆け寄って声をかけて、「ハマダマリコです。それからこの人たちは、スクールMARIKOのスタッフたちです」と紹介したら、ミチロウさんは「ああ」と言ってわたしたちのテーブルに来られて、ハンチングをとって一礼された。「こんにちは。遠藤ミチロウです。今回はお世話になります」と言われなんかものすごく過激な人だと思っていたみんなは拍子抜けしてへなへなになった。さっきまでYouTube見てびびっていたわたしたちと、一緒に珈琲飲んで歓談して、ミチロウさんが終始敬語で話してくださるので恐縮しっぱなしだった。

スクールMARIKOの初年度、何もわからない中で少ないスタッフと共に開催して最終回にトークゲストとしてミチロウさんをお迎えできたのはとても嬉しいことだった。ミチロウさんにはトークのあと、3曲だけ歌を歌っていただくことをお願いした。「ハマダさん、今日はトークのあとの3曲ということなので、メイクをしないつもりですが、大丈夫ですか?」とわざわざ聞いてくださった。「そんな、大丈夫ですよー」と言うと、ミチロウさんはうなずいて、「それから今日は年配の方も見えているようですが、何か言ってはいけない言葉とかありますか?」と気を遣ってくださった。その質問の意味があんまりわからず「え?なんでも大丈夫です」と言ったらミチロウさんは静かにうなずいて「わかりました」と言われた。

20130915_SchoolMariko2013Vol6_04.jpg

で、「せーっくす、せーっくす、」から「ふぁーっく、ふぁーっく、」から「お前らやりてえかー」から、歌われました笑。80代の女性がいらして、口をぽかんと開けて見ておられたのが忘れられない。ミチロウさん、言ってはいけない言葉はありますかって、なんで聞いたんだろう。

20130916_MatsueB1_08.jpg

20130916_MatsueB1_07.jpg

その後、対バンをすることになったり、わたしがミチロウさんの「カノン」に感激してカバーするようになったり、一緒にフェスに出たり、「ええじゃないか音頭」を歌ったり、ミチロウメイクをしたり、いろんなところでご一緒することになった。松江に来られるときは一緒にやりませんかと声をかけてくださった。「さつきの憂うつ」を歌ったら「ハマダさんはなんだか僕のお姉さんみたいだなあ」と言われた。えーやだ、すごく年下だのに笑、ってそのときは思った。それから森さんに「ハマダさんのジャンルは『しんみりパンク』ですね」と言われたことをミチロウさんに言ったら笑っておられた。

20160512_YonagoOneMake_02.jpg

20130916_MatsueB1_10.jpg

猫を愛する優しい人だった。どうして豚の内臓なのかと聞いたら、「骨のついているのは、客席から投げ返されたら痛いから」と言っておられた。まじか。最後にお会いしたのは島根県の隠岐の島、海士町のアマフェスだった。ミチロウさんは杖をついておられた。少し元気がなさそうで心配だった。ステージには西日が容赦なく強く当たり、酷暑の7月それも一番暑い時間帯にミチロウさんは出て歌われた。もう立って歌うのはきついと座って歌われた。200%くらいの力で歌われる姿を見てそこにいた誰もが勇気づけられ、励まされ、涙した。

20180715_AmaFes_03.jpg

20180715_AmaFes_06.jpg


なんか、うまく書けないな。今日も思い出語りでごめんなさい。悲しくなってきたのでもうこのへんで風呂入って寝ます。
ミチロウさん、さようなら。また会う日まで。ハマダはもう少ししんみりパンクしてからそちらへ行きます。

IMG_1130.JPG
2019-05-06 22:43 この記事だけ表示   |  コメント 4
平成も今日で終わり。なんとなく、なんとなくだけど、しみじみする。大晦日風味で、このままでは年越しそばとか食べてしまいそうだ。天皇皇后両陛下におかれましては、ほんとに長きに渡ってお疲れ様と申しあげたい。今後は「ジーブスの事件簿」とかゆっくり読まれる時間がありますね。どうぞお体に気をつけられますよう。さて、平成だとか、令和だとかというと、やけに怒る人がいて、ツイッターでは怖くてつぶやけないが、本心としては別にいいじゃないかと思ったりする。怒っている人も、元号がどうとかいうよりも、このお祭り騒ぎがいやなんだろうと思う。お祭り騒ぎに目をくらまされて本当のことが、大事なことが見えていないんだって。あるいは報道の横並び感とか、他にニュースはないのかとか、そういうことが嫌なんだろう。わたしは頭が悪くて、すぐに他のことに気を取られるので、いつも大事なことを見失ってしまうけれど、とにかく、なんでもかんでも怒る人がわたしは怖い。令和の世はあんまりキレたり怒鳴ったりする人がいない世であってほしい。できれば争いごとや戦争もやめてほしい。そういう祈りを込めて除夜の鐘くらいはつきたい気持ちだ。

fullsizeoutput_192d.jpeg
令和のまんじゅうこわい。

それで、ここまではマクラなのです。ツイッターと違ってブログだといつまでもいつまでも書けてしまうので、ついつい、タイトルで書こうとしたことを忘れてしまうので今日は気をつけて、書きながらタイトルをちらちら見ている。あ、そうそう、タクシードライバーのIさんのことね。ちゃんと書くよ。前回のブログにはたくさん反響をいただきました。ありがとうございました。このブログのコメント欄ではもちろんのこと、シェアをしたツイッターやフェイスブックにも。ありがとうございました。

父のことについては書いているうちに気合いが入ってきてついつい思い出語りをしてしまったのだけど、本当にココロ全開で父のことが好きだったかというと謎ではある。思い出は日々美しくなって、父がものすごく偉くてすごい人で伝記に書かれる人みたいになってしまいそうで怖いが、(ほら、野口英世みたいに)。人としてだめなところもたくさんある人だった。差別はするし、区別はするし、気分屋だし、わがままだし、すねるし、めんどくさいし、はよ死ね、と思ったことも一度や二度ではない。まあそれも含めて、落語の登場人物みたいに、「しょうがないね、おまえさんは」という感じの人でもあった。いい歌もたくさん教えてくれたしな。「松江小唄」や「コロラドの月」や「ダニーボーイ」や「バイヤコンディオス」や。数え切れないくらいいい音楽を教えてもらった。感謝感謝。だんだんね。こないだね、おじさんが亡くなって、その葬儀で、別のおばさんが、「あれ?今日はお父さん来ないの?」とうっかり妹に話しかけていて、妹が半笑いで「お父ちゃん、死んだよ」って答えてた。不謹慎だけど涙が出るくらい笑ったよ。あーあ。父みたいな人と結婚したいとは思わないし、恋人でも嫌だが、たまに会って音楽や芸能の話をするには最高の人だった。ありがとう。ああすればよかった、こうしてあげればよかったの後悔、そろそろやめていいですか。こないだかわいい仏壇が届いたよ。大きいのは高いから小さいやつで勘弁してね。あの世でも元気でね。チーズ、食べるんだよ。ばいばい。

さあ、長いマクラ話を終えて。タクシードライバーのIさんの話に入ります。旅先では荷物が多かったりしてタクシーに乗ることが多い。こないだも広島へライブに行ったとき、Marinoがサックスとかいっぱい持って重そうだからライブハウスに向かうときタクシーに乗った。その運転手さんはIさんというおじさんだった。「ライブハウスJUKEのあるクリスタルプラザ」と行き先を告げると、特に説明がなくてもすぐにわかってもらえた。タクシーの運転手さんていうのは元ミュージシャンだったりする人が多いし、車の中でラジオを聞いていたりして音楽に詳しい人も多い。このおじさん、Marinoのサックスのケースを見て「お客さん、あれはバリトンサックスですか」と聞いていた。Marinoが宮古島訛りで「あれはテナーです。おとうさん、サックスのことわかるさ?(わかるの?)」と聞くと、あらびっくり、そのおじさんはミュージシャンではないが、アルトサックスを習っているとのこと。「マークシックスっていう高いの、ローンで買っちゃったんですよぅ」って言っていた。マークシックスのことをわたしは知らないが、Marinoは「上等さーね、」と言って驚いていた。わたしたちがその日ライブをする「JUKE」に発表会で出たことがあるということだった。

それから車の中でIさんとソニー・ロリンズの話とか、ベン・ウェブスターの話とかして大盛り上がりだった。Iさんはほんとはソニー・ロリンズが一番好きなんだと言ったので、わたしがどや顔で「ソニーロリンズ松江に来たとき見に行きました。30年位前」と自慢したら、Iさんも「わたしも見ました」と言っていた。同時期の来日を見ていたんですね。ほんとはテナーが習いたかったけど、大きいし、肺活量が足りない気がするからアルトをやってると言ったからまたMarinoが宮古島訛りで「それは誤解さ、テナーをぶわーっと鳴らしたいときは、うーわり優しい裏声で、『おはようございます』という声で歌ったらいいさ、自分だいずそうしてるさ、」と言ったりしていた。それが通じたか知らないけど、Iさんはそうですか、そうですかと言っていた。ライブハウスに到着するとき、「今夜7時半からライブだからよかったらお出かけくださいね。この人いいサックス吹きますよ」とわたしが言ったら「仕事があるからなあ・・・ぎりぎり間に合うかなあ」と言っておられた。まあ無理しないで、また来るからねと言ってタクシーを降りた。Marinoが去り際に小声で「ちょっと仕事さぼってくればいいさ、」とだめ押しをしていた。

ライブはクロヒジさんという方の主催で、今年で3回目。クロヒジさんはライブの段取り等、いろいろうっかりしているけど終わってみれば何事もなく開催できる手際なので、「『クロヒジ危機一髪』という名前にしたらどうかな」とにやにやして言ったら結構気に入っておられた。それきりリハやらなんやらでIさんのことは忘れていたけど、ライブが始まったらクロヒジ危機一髪さんが、「なんか、今日お二人を乗せたというタクシーの運転手さんが来ています」と教えてくれた。わーIさん来てくれたんだ!とMarinoと張り切る。こういうの嬉しいのです。

cache_Messagep92681.jpg
ビルの19階にあるから「JUKE」。素敵なライブハウスです。

本番ではMarinoのテナーが美しくむせび泣いて、宮古島民謡の「とうがにあやぐ」では客席からため息がもれた。「むせび泣くという言葉をテナーサックスの音で知りました」というようなことをMCで言った。終演後のサイン会で、Iさんは並んで「Lounge Roses」を買ってくれた。「テナーサックスいいなあ。テナー買おうかなあ」と言っていた。「だって、アルト持ってるじゃないですかー」と言ったら「わたしも、むせび泣きたいですよ、アルトではむせび泣けないんです」とか言ったので笑ってしまった。とても感動された様子で、Marinoも嬉しそうだったさ。それで、わたしには「あなたの歌は、母親のおなかの中にいたときのことを思い出すようです」と言われて、多分、ほめてるな、と思ってお礼を言った。

こういう出会いが旅の醍醐味だと思う。Iさん、テナー、買ったかな。どうぞお元気で、また会いましょう。ぷからっさ。
IMG_0832.JPG
お出かけありがとうございました。

☆コメントありがとうございます!
モンテクリストさん、父がいい男だったのか、わかりませんが、もてる人だったみたいですねー。いろいろ大変でした(しみじみ)。素敵な詩をありがとうございました。

陶山さん、個展には必ず父とうかがっていましたね〜。陶山さんに触発されて始めた切り絵、父の一番素敵な趣味になりました。ありがとうございました。今回のホーランエンヤ展、妹と行きますね。

あつこさん、初めまして。コメントありがとうございました。「イビヨル」いい歌ですよね。わたしも大好きな歌です。いつかライブでお会いできるのを楽しみにしています。

2019-04-30 11:21 この記事だけ表示   |  コメント 0
 フレーバーストーン.jpg

 春の一日、急ぎの仕事にも追われていないので散歩がてらプリンターのインクを買いに出た。いいお天気ですね。春ですね。独り言を言って、カーステレオのCDに合わせて歌いながら家電量販店に行く。ええと、わたしのインクは「カメ」。箱にカメの絵が付いている。世にプリンターが多くなりすぎて品番を覚えられない人が続出、間違ったのを買って帰ってあとで返品という流れを避けるためか、他の理由か知らんけど、突然インクの箱に絵が描かれるようになった。わたしのプリンターのインクは「カメ」。これなら忘れないね。どこかの空港の駐車場にも動物の絵が描かれていた気がする。サルとか、キリンとか。前にイオンの駐車場で、自分の車の場所がわからなくなって15分くらいさまよったことがあった。あそこにカメとかサルが描かれていれば。
 
とにかく、吉四六さんみたいに「カメカメカメ」と言いながらインクの箱を手にレジに向かう。本当は一瞬、ほんの一瞬だけだけど忘れて「カバ」だったかな、と思ったけど、すぐに思い出したから大丈夫。
 それからちょっとしたものを買いにドラッグストアにも寄る。ドラッグストアといっても家電から、衣料品から食品まで安い値段で売っているお店だ。品ぞろえが多くて歩いているうちに何を買いに来たか忘れてしまうくらいだ。視覚情報が多過ぎなんですよ。そう。わたしのせいじゃなくて。だから今日も忘れてしまって、店内をぶらぶらしているうちに日焼け止めとか、なんかよくわからないクリームとか、特にいらない洗剤とか、別に今買わなくてもいい領収書の綴りとかかごに入れてずんずん歩く。
 食料品のコーナーに来てチーズとかが並んでいるのを見て不意に涙が出る。今気づいたけど、家電量販店からのドラッグストアのルートは通い慣れた道だった。亡くなった父と。

 10日にいっぺんとか、2週間にいっぺんとか、よく買い物に連れて来た。簡単なものなら父は一人でセニアカーに乗って近所のコンビニに行くこともあったが、病院の帰りとか、重い物や、大きい物を買うときには、よく送迎を頼むメールが来た。父は機械に強くてテレビを録画したものをDVDに焼いてラベルをパソコンで作ったりもできたが、なぜかメールは下手で、「。」が打てなかった。なので、最後まで「、」でつながった「明日、時間があったら、買い物に、連れて行ってください、お願いします、」みたいなメールが来た。

 特にここのドラッグストアは父のお気に入りだった。なぜなら一つのお店ですべて事足りるから。あちこち行かなくて済むし、デパートみたいに上がったり下がったりしなくていいからお年寄りにとっては便利だろう。ただ、ホームセンター級の広さになると今度は疲れるから、途中に椅子がほしいとは言っていたけど。病院の先生にタンパク質が足りないからチーズを食べなさいと言われてからは、ここでよくプロセスチーズを買っていた。ほんとはチーズが嫌いだけどブラックペッパー入りなら食べられるとか言って。そんなことをあとからあとから思い出してああ、ここではパンツを買っていたなあ、とか、ああここでは昆布茶を買っていたなあと売り場ごとに思い出して涙と鼻が出た。

 レジで会計をしている間は涙がひっこんだ。レジのお姉さんに笑いかけることさえできた。でも、店の外に出て車に乗ったら涙が止まらなくなった。ほんとうに、話したいことがいっぱいあるのに。白鵬のことや、選挙のことや、「ざんねんないきもの事典」のことや、鶴岡雅義のレキントギターのことや、東京ロマンチカのことや、風呂がま洗浄剤の1つ穴用と2つ穴用の違いとか、グッピーの水槽のこととか、ピンクムーンのこととか、ホーランエンヤのこととか、仏壇のこととか、切り絵の陶山さんのこととか。父が部屋に残したメモの「フレーバーストーン」についてみんなが謎に思っていることとか。

 いつまで悲しいんだろう。いつまで泣くんだろう。かなわんよ。そんなに悲しむつもりはなかったよ。そんなに好きかはわからなかったよ。葬式も四十九日も終わったし、コンサートだってあんまり泣かずにちゃんとやったのに。仕事の合間に気を抜くと、こんなふうに不意に涙が出るから、もう気を抜かないようにしよう。もっと仕事をしよう。なんつって。それは嘘ですけど。父の話し相手になってあげてるつもりだったけど、ほんとは父の方がわたしの話し相手になってくれていたんだな。話したいこといっぱいあるんだよ。もうすぐ平成が終わるよ。しっかりしないとね。令和からきちんとします。

おわり。

ああ、「コロラドの月」のこと書くつもりだったのに忘れてた。タイトルにしたのに。また今度書きますね。
2019-04-23 20:00 この記事だけ表示   |  コメント 4
浜田真理子6月の出演情報
6月29日(土)浜田真理子高松ライブ
54731156_738147353253528_3808603777766785024_n.jpg
出演:浜田真理子 (p.vo)
MARINO (sax)
場所:live space SPEAK LOW
高松市塩上町3丁目20−11 1F
tel :087-837-0777
http://www.speaklow.info/
時間:開場18時 開演 18時半
料金:4000円 (当日4500円 D別)全席自由
プレイガイド:SPEAK LOW (HPからが便利です)
       デューク高松店(087-821-2345)
      イープラスhttps://eplus.jp/sf/detail/2919520001-P0030001P021001?P1=1221
☆今年もまたおじゃましますー。
今年はサックス奏者のMARINOさんと!
2019-04-18 17:16 この記事だけ表示   |  コメント 0
5月5日(日・祝)東京MAPS
場所:六本木ヒルズアリーナ
入場無料
詳細はこちらから↓
http://tokyomaps.jp/
☆大橋トリオさんがオーガナイザーをつとめる二日間のライブイベントです。5日はアコースティックライブ、6日はバンドライブだそうでハマダはアコースティックライブに出演します。ゴールデンウィークはこちらで!


5月22日(水)
浜田真理子ライブwith Marino

出演:浜田真理子(Vo,P) 
共演:池村真理野(Sax)
場所:梅田 ロイヤルホース
時間:開場時間:17:30 開演時間:19:00/20:40(入れ替え制ではありません)
料金:チャージ料金:S=4,000円 A=3,500円 barcounter=2,000円
お問い合わせ:お電話: 06-6312-8958 / 06-6312-8959(15:00〜受付)
   メール: info@royal-horse.jp
ロイヤルホースHP http://www.royal-horse.jp/index.html

☆昨年に引き続き、まりまりコンビで出かけます。どうぞよろしく!

5月25日(土)
浜田真理子ライブwith Marino
マリコとマリノ初めての金沢

marino.jpg
出演:浜田真理子(p.vo)
共演:池村真理野(sax)
場所:もっきりや 
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
時間:開場18:00 開演19:00〜
料金:前売り4000円(要1Dオーダー)
お問い合わせ:もっきりや 
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/

☆初めての金沢ライブです。楽しみー^^

5月31日(金)横浜モーションブルー
54798825_397201107760506_8025082238649499648_n.jpg


DSCN0373b.jpg
加瀬達(b)
IMG_0699.JPG
Marino(sax)

出演:浜田真理子(p.vo)、加瀬達(b)、Marino(sax)
場所:横浜モーションブルー
http://www.motionblue.co.jp/artists/hamada_mariko/
時間:open_6:00pm / showtime_7:30pm 2セット (入れ替えなし)
※ステージの長さは約100分を予定しております。
※ステージの間に30分程度の休憩を挟みます。
※インターネット予約の際には無料のアカウント登録が必要になります。登録がお済みでない方は、「マイページ」より事前にご登録いただくことをおすすめいたします。
※ウェブサイトからのご予約の際は、クレジットカードが必要となります。ご利用可能なクレジットカード⇒VISA、MASTER、JCB、AMEX、DI

料金:自由席 \5,000(税込)
BOX席 ¥20,000+シート・チャージ ¥5,000 (4名様までご利用可能)
※BOX席はインターネットからのみご予約いただけます
お問い合わせ:yokohama motion blue
http://www.motionblue.co.jp/artists/hamada_mariko/
チケットご予約開始日:4月2日11:00より。

☆久しぶりの横浜。今度はトリオで伺います。ぃよこはまで会いましょう!
2019-03-25 14:36 この記事だけ表示   |  コメント 0
4月16日(火)浜田真理子&寺尾紗穂ツーマンピアノライブ
また、春の夜に


場所:渋谷LIVING ROOM CAFÉ&DINING
時間:18:30open 19:30start
料金:全席指定4000円(1フード+1ドリンク別)
問い合わせ:
eplus LIVING ROOM CAFÉ&DINING
03-6452-5650 (平日11:00−18:00)
予約: marikosaho2@gmail.com
(氏名、枚数、電話番号明記の上)
※会場規定により4歳以上チケット必要、
3歳以下膝上鑑賞可。ただし、座席が必要な場合はチケット必要

☆紗穂さんとまたご一緒できるー。楽しみです。場所も素敵ですよぅ〜。お出かけお待ちしています。

NORENMUZIC presents vol.95
お待ちかね 春の真理子が今年も、、、
 浜田 真理子 「天空の小箱vol.3」

57015583_2271058586291589_7507661219193421824_o.jpg
【日付】 2019年4月20日(土) 
【時間】 開場17:30 開演 18:30
【出演】浜田真理子(vo,p)・Marino (sax)from Black wax
【料金】 予約4500円 当日5000円 共に+1drink order 必要となります。
【予約受付】norenreserve@gmail.com
件名を「浜田真理子予約」としてお名前/御連絡先/予約人数を記してお申し込みください。こちらから予約完了の返信をいたしますのでそれにて予約受付となります。当日の開場時間17:30より受付を先着順に行います。受付にて御予約の際のお名前をおっしゃってください。そこでの清算となります。お席のほうは自由席となっております。

【会場】LIVE JUKE 天空のライブハウス ジューク
【住所】〒730-0037 広島県広島市中区中町8-18 クリスタルプラザ19FTel 082-249-1930
【アクセス】<路面電車/広島電鉄> 「袋町駅」から徒歩:約2分 <アストラムライン>「本通駅」広島市信用組合出入口から徒歩:約5分
http://www.live-19-juke.com/

【物販】当日は物販も予定しております。終演後サイン会も致しますので宜しくお願いします。昨年のライブの後、精力的に3枚のリリースをされております。
・Mariko Hamada/NEXT TEARDROP(CD)
・浜田真理子/LOUNGE ROSES -浜田真理子の昭和歌謡(CD)
・浜田真理子/mariko(アナログ)※1st 初のレコード化


4月29日(月・祝)第71回全国植樹祭1年前記念イベント

 2020年春季に開催する第71回全国植樹祭(2020年春季開催)の1年前を記念し、「第71回全国植樹祭1年前記念イベント 森の誕生日2019」を開催します。

 このイベントの記念式典と植樹行事への参加者を広く募集します。この応募による参加者には当日、会場で「無料苗木」と「紅白もち」をプレゼントします。たくさんのご応募、ご参加をお待ちしています。

 1.開催日 平成31年4月29日(月「祝日:昭和の日」)

 2.場 所 松江市宍道町佐々布「ふるさと森林公園」

 3.スケジュール 午前9時30分~午後3時00分(入場無料)
・記念式典は午前10時30分~午前11時30分
・植樹行事は正午~午後1時00分

 4.行 事 ・記念式典 代表者記念植樹や島根県出身のシンガーソングライター 浜田 真理子さんによるミニコンサート
・植樹行事 参加者に第71回全国植樹祭1年前・天皇陛下の御在位30年の記念植樹を行っていただきます。
・ステージ他  ステージでは吹奏楽演奏やダンス、石見神楽の演舞やマジックショーなどでイベントを盛り上げます。また飲食ブースの出店や展示ブースでの体験型イベントなど楽しい催しも開催します。(※ステージイベントは内容が一部変更になる場合があります。)

 5.応 募 下記の「募集要項」、「募集チラシ」を確認のうえ、必要事項(参加行事、住所、氏名、年齢「平成31年4月1日時点」、連絡が取れる電話番号)を記載し、「電子メール」か「ファクシミリ」又は「はがき」でご応募をお願います。 

 6.募集期間  平成31年3月1日(金)から平成31年4月5日(金)午後5時まで

※電子メール、ファクシミリは締切時間までに受信した応募を有効とし、はがきは当日消印までの応募を有効とします。詳しくは以下のチラシをご確認ください。

島根県HPより

☆ミニコンサートやりまーす。うららかな春の一日楽しめそうですね。(晴れますように)


2019-02-25 21:58 この記事だけ表示   |  コメント 1
★★★★--------------------------------------------------------
島根県民会館開館50周年/Mariko 20th anniversary of debut
【浜田真理子コンサート 〜LOUNGE ROSES〜】
--------------------------------------------------------★★★★

LoungeRosesちらし.jpg
LoungeRosesちらし裏.jpg
2019年3月2日(土) 島根県民会館 中ホール
開場/16:30  開演/17:00 
入場料金(税込):全席指定 4,500円
-----------------------------------------------------------------
【出演】
浜田 真理子

<GUEST>
加瀬 達(upright bass)
伊藤 大地(drums)
檜山 学(accordion)
Marino(s.sax/a.sax/t.sax)
久保田 麻琴(Live MiX)

-----------------------------------------------------------------
※未就学児(6歳未満)入場不可。
※無料託児サービスあり。2/23(土)までにご予約ください。
※車椅子スペース・磁気ループ補聴器対応エリアをご希望の方は、島根県民会館へお問い合わせください。
★★チケット発売:12月15日(土)発売★★

■お問い合わせ・託児申込
島根県民会館チケットコーナー TEL0852-22-5556
【営業時間】9:00〜18:00(※営業時間は2019/1/4(金)より10:00〜18:00に変更)
【定休日】第2・第4月曜日(祝日・振替休日の場合は営業)/年末年始12/29-1/3

■チケット取扱所
【松江】島根県民会館チケットコーナー/プラバホール/今井書店グループセンター店
【出雲】今井書店出雲店
【米子】アルテプラザ(米子天満屋4階)
島根県民会館オンラインチケット http://www.cul-shimane.jp/hall/ 
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード/62030)
チケットぴあ: 0570-02-9999(Pコード/136-880)
e+(イープラス)http://eplus.jp
※島根県民会館友の会・グラントワ友の会先行予約(割引あり) 11月28日(水)〜12月9日(日)まで
主催:公益財団法人しまね文化振興財団(島根県民会館)・島根県・日本海テレビ 
-----------------------------------------------------------------

毎年恒例! ホームタウン・島根県民会館でのコンサートを3月に開催決定!
島根県松江市を拠点に、ライブ活動やアルバム制作、
映画、舞台、CM、TVドラマへの楽曲提供など
幅広く活躍するシンガーソングライター浜田真理子。
毎年恒例となったホームタウン・島根県民会館でのコンサートを3月に開催決定!
11年目となる今回のコンサートでは、彼女の音楽的ルーツの一つでもある
昭和歌謡にスポットを当てたカヴァーアルバム『LOUNGE ROSES -浜田真理子の昭和歌謡』からの
選曲を中心にお届けします!

-----------------------------------------------------------------
【浜田真理子からメッセージ】
島根県民会館50周年おめでとうございます。
わたしもおかげさまでCDデビューから20周年を迎えました。
二つの記念の年が重なったこの年、そしてまた平成が終わろうとするこの年に、
最高のサポートメンバーで昭和歌謡を歌います。
みんなが知ってるあの歌この歌を一緒に歌っていただければとても嬉しいです。
わたしを育ててくれた昭和歌謡と島根県民会館に愛を込めて。 

3月10日詳細未定

3月21日(木・祝)御影ロマンス2019
御影ロマンス2019 フライヤー.jpg
場所:神戸蘇州園
時間:開場 12:00 開演 13:00 終演:20:30
出演:王舟 / スカート / 湯川潮音 / 浜田真理子 / おおはた雄一/ YeYe / 角銅真実
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Achico (Ropes) / Rachael Dadd / ICHI
真舘晴子 (The Wisely Brothers) / 東郷清丸 / 平賀さち枝 / 高井息吹
ゑでぃまぁこん / Gofish / 一人キイチビール / 網守将平と梅沢英樹

前売 4800円 (2ドリンク代別途)​​
チケット予約→ https://www.mikage-romance.com/

☆神戸の素敵なお屋敷で音楽フェスです。どうぞ遊びに来てくださいね。

3月23日(土)浜田真理子入門6
Season2初級編(桶うどん付き!)

真理子チラシ2019-1.jpg

真理子チラシ2019-1.pdf
受付開始16時・・・開場16時半・開演17時


さてさて、先日のEテレ「ららら クラシック」ご覧になられましたでしょうか。
真理子さんのダニーボーイ・・・いやー良かった。
テネシーワルツとダニーボーイは是非、真理子さんで聴きたいスタンダードナンバー。
願いがひとつ叶いました・・・いや、生で聴きたい !!


真理子さんのオリジナルの曲の数々ではまった私ですが、
カバーして欲しい曲も実は色々ある。
カバーでも真理子さんが本気で好きな曲だと魂が入ると言うか、
ぐっと胸に迫るモノがあるように思います。


だから、何でも唄ってみて欲しいわけじゃないけどね。
6年目の「浜田真理子入門」
「入門」というのは、初めての人にもどんどん来て頂いて、
もっともっと沢山の人に知ってもらいたいから。
「Season 2 初級編」というのは、「入門」から一歩踏みこんだ真理子さんを
聴きたいから。(「Season 2」はずっと続けてゆくためじゃ)

初めての方も玄人な方も一緒になって初心に戻り、
ゆっくりじっくり浜田真理子のうたに出会い、
ゆっくりじっくりおさらいをしていける場所
「浜田真理子入門」を続けていきたいと思います。
今回は宮古島からサックスのMarinoさん、
そして四日市からはお馴染みの胡池マキコさんを迎えて、
お腹も心も満たされるひとときに。
            絹延橋うどん研究所所長


2019年3/23(土) 浜田真理子入門6
Season2初級編

出演 浜田真理子 w.Marino(サックス)
  OA 胡池マキコ
受付開始16時・・・開場16時半・開演17時
※ ライブは休憩を挟んで2時間程

※ 終演後、みんなで桶うどんを囲みます

【会場】
カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
〒666−0014
兵庫県川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
阪急宝塚線「川西能勢口」
能勢電鉄乗り換えでひと駅「絹延橋」より1分30秒。
大阪梅田より所要時間およそ30分
※ 駐車場少ないので、できるだけ電車でお越し下さい。

【料金】できるだけ予約を・・・定員に達し次第終了
大 人 4000円/当日4500円(+ワンうどん702円orドリンク540円)
小中高生1500円/当日2000円(+ワンうどん702円orドリンク540円)

※ 座席の必要な幼児は子ども料金、但しうどんは無料

【予約】
予約専用アドレス 3gai●nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)
件名を「真理子入門2019うどん」とし、
氏名、住所、枚数、種別、電話をお知らせ下さい。
折り返しの受付メイルの後の
予約可否のメイルで受付完了となります。

メイルが困難な方は
・電話 絹う研072-767-7639
所長携帯090-4291-0122
・または店頭でスタッフに直接

【お問い合わせ】
カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
上記の電話か こちらのアドレスへ
kinuuken●nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)

3月31日(日)たのしい楽団ライブ
今年も応援団長です。
場所:興雲閣
時間:14時〜16時
入場無料

参加ミュージシャン:
テニスコーツさや
ぶどやん(ぶどう農家)
げたお(パーカッション)
れいこ(司会)
きぬしゅー(ベース)
三成(サックス、フルート)
多久和千絵(ピアノ)
いとま(ギター、体操)
千綿(和楽器)
前村晴奈(トロンボーン、メジャー)
応援団長 浜田真理子


たのしい楽団のHPはコチラ
https://tgakudan.tumblr.com/
2018-12-04 17:48 この記事だけ表示   |  コメント 1